Aguriの日常

人生つねに迷い道それが面白い

自分自身でありたいとおもう。

心地よく人生を生きるために、いつも自分自身でありたいとおもう。


自分は何者なのかを掴めていないと、どのように弊害があるかというと、


自分の作った「こうすべき」みたいな観念の呪縛から逃れられず、本来の自分が好ましく感じる行動に許可を下ろせなくなったりする。


例えば「結婚すべき」とか。


かつての私は35歳くらいからずーっとこの考えに強迫されていた。(今38歳)


本当の私は、結婚とか家とかの枠を先に作ってしまうと自分で勝手に固いルールを作ってしまい自分をがんじがらめにしてしまうタイプなようなので、結婚ありきではなく、いい人と一緒に住んでいたら結婚という形が一番メリットがあるからした、みたいな流れがしっくりくることが最近わかった。


だから、いい年して結婚してない自分に許可を出すことを最近やっとできるようになった。


なんでできるようになったかというと、頭の思考より、お腹が感じてることを感じようと努力するようになったからかしら…?


お腹はあんまりうまく答えてくれず、身体の一部分の違和感とかでサインをくれるのみなんだけど、じっとそこを感じきってみると、なんとなく、頭じゃない自分のありようが掴めてくる気がしている。


「結婚しなきゃ、でもこわい!」


というお腹の声。
(流行りでいえば子宮なのかな?)


「こわいこわい、こわーい!」


「なんでこわいんだろ、結婚なんかして家庭を作っちゃったら、家族という支配の下、パパとママと暮らしていた時の精神的窮屈さを私はまた味わいたいの?そんなのもう味わいたくないよ!」


…ああ、なるほど。家族イコール支配と、私はネガティブに考えてるんだ。。だからいつまでも結婚という路線にいかないんだ。そりゃーやだよね、結婚。と自分の本当の気持ちに気がつき、納得したのは1年前より最近。


納得、ってことは、受け入れたってこと。


そんなダメダメな自分に許可できたのだった。


そんな風に一部の自分自身が統合できたら、あれよあれよと一緒にいて心地よい人が見つかり、半年後には同居するようになって今に至っている。


あ、自分自身になりさえすれば、ものごとは心地よい方向に動いていくんだと実感した次第。


もはやほんとに、結婚は二の次になった。


そりゃープロポーズされたことないからされてみたい願望はあるけど、ただのしてみたい経験を優先させるより、生活の心地よい実感の方がどう考えても大切だ。


今の私にとっては心地よい暮らしが先。


ただただ私が気持ちいいとおもうことを味わっている最中だ。



養ってもらわずに働かないことも、その気持ちいいことのひとつで今同時並行で試し中。