セシリアの日常

人生つねに迷い道それが面白い

6月11日(日)Tivoliへ遠足

Aくんのファミリーと一緒に車で約1時間でTivoliへ。ローマからは北東に30キロほどの場所。


ママがパニーノを作ってくれて、アプリコットも持って、途中下車して適当な場所で皆とランチをとった。この気軽なピクニック感が、ヨーロッパ人の上手な余暇の過ごし方を感じた。


目的地に到着。
すでに暑い。。

これから見る3つの場所はそんなに離れてないけれど、それぞれ広大な敷地なので気合と根性がいった。


ヴィラ(別荘)・グレゴリアーナ
1826年にグレゴリウス16世によって整備された広大な庭園。

ヴィラ・グレゴリアーナ内にある、紀元前1世紀の、女神ヴェスタの神殿

そこから見える景色


ヴィラ・デステ
元々はベネディクト会の修道院だったが、エステ家出身の枢機卿イッポリート・デステが1550年に隠遁した際、別荘として改装することになったそう。
ピアニストのリストが住んでたこともあるっぽい。


デステ壮からの景色

室内の様子

お庭


ヴィラ・アドリアーナ
ハドリアヌス帝が118年から130年にかけて建設した別荘。


どの景色も素晴らしすぎて息を呑んだ。

そして4人全員がクッタクタになって帰宅した。


それなのに、マザーが夜ご飯を準備してくれた…(>_<)申し訳ない、でも本当にありがとう…!!!


めちゃくちゃ美味しかった、ラビオリ。

めちゃくちゃ美味しかった、お肉。


イタリア人の食習慣は、パスタ(炭水化物)→お肉料理の順番。


そして家は全て間接照明。
テレビを見ながらはせず、家族とおしゃべりしながら食事をする。


この家族も、最初に泊まったローマ近郊Apriliaの宿の家族もそうだった。


宿のGくんが「イタリア人は他人より家族をリスペクトする風潮がある」と言っていた。なるほどなと思う。


Aくんは30歳くらいの青年。
ある時なんか父とずーっと政治論議してて、話が止まらない様子だった。


イタリア人は食事の時もそうでない時も、男の人も女の人もよくしゃべっていた。