セシリアの日常

人生つねに迷い道それが面白い

ベトナムに行くことになった。

急だけども来週3月13日から18日までベトナムの首都ハノイに行くことになった。🇻🇳

事の発端は日本のニートひきこもり問題に関心を持ったベトナム人女性写真家のマイカさんと日本で、というか私の職場のNPOで出会ったご縁。

彼女が日本で撮った作品(ニートひきこもりだった若者の写真)をベトナムでプレゼンすることになり、彼女の援助団体が我々(支援者と当事者)をベトナムに招待してれることになったのだ。

我々のハノイでのミッションは「ギャラリーと大学で2回講演会をすること」。

対象となるのはアーティストや写真に興味のある人、はたまたハノイの大学の、日本学科や社会学専攻の学生や、日本社会に関心のある学生や教員の方々、一般の方々も。

そのような人たちに、ニートひきこもりの社会背景や事例や支援方法、NPOの活動内容や課題などをお伝えすることになっている。

いったいどれ位の規模で講演するのか皆目見当がつかないが、またとない出張の機会なので大いに楽しんでこようと思う。

一番大きいのは元ひきこもりで海外経験のない子を連れて行き、多文化に触れる機会となること。

ベトナムの人たち。ベトナムは私も初めてだけれど、想像するに、まず平日に背広姿でいられない自分を責めて家にこもっている人は皆無であろう。

むしろ日本だけがとても変な現象を起こしているといえる。

ハノイは新興都市でマンション開発等に伴い核家族化が進み、今後日本と似たような環境になることも考えられるそう。

だから日本の現象だけでなく対応法や知見を紹介して欲しいのだって。




東海道歩きで使用したバックパックの出番がまたやってきた。

ハノイは東京より10度くらい高いみたい。持参する服の調整が難しい…

なんか色々案内して下さる気配なので、

お言葉に甘えて観光を出来るだけしたいなー

美味しいもの食べたいなー

食中毒にだけはなりたくないなー

とか色々考えながら少しずつ荷物を詰めている。

ワクワクドキドキ!