セシリアの日常

人生つねに迷い道それが面白い

お遍路続き

最終日も元気に14キロを歩く予定。51番石手寺スタート〜52番太山寺〜53番円明寺まで。まず51〜52番までが12キロと遠い。快晴だ。

52番太山寺

ここで撮影数が多かったのは風が気持ちよくて居心地が良かったのと、色んな出会いがあったから。

まず地元名門校に通う女子高生が英語でイタリアーナに話しかけてきた。

お遍路をしている外国人にその目的などを聞くフィールドワークの為だそうだ。学校の授業なのかな?とても優秀そうな女の子だった。

将来は英語を話して外国人と接する仕事をしたいとのこと。ガンバレ!君なら出来る!!と心の中でエールを送っておいた。

次に境内の休憩スペースでご一緒した、70リットル15キロのバックパックを背負う大学生の男子と、身軽な荷物でお遍路を何度も回っているというおじさまとしばしトークを楽しむ。

お二人とも今回はそれぞれ88番から逆打ちの最中だそうで、52番太山寺まで2週間ほどで来たそうだ。

いや〜。
お遍路の魅力はお遍路そのものだけではなく、お遍路が縁で紡がれる一期一会のひとときもとても味わい深いものがある。

長くなったので続く。