Aguri’s diary

人生つねに迷い道それが面白い

9月15日〜16日色んな経験

凝縮の2日間をツイッターでまとめた。

午後のお散歩は自転車を借りて宿から神社まで軽くサイクリング。


一段落して暇になって考えることは大抵未来のことで、明日のお遍路、そして明後日の高野山移動、大型台風が超心配。


心配してたらあっという間に16日早朝となった。


車で移動して、山中からお遍路開始。


しかし今回の私のお遍路タイムはわずか一時間で終了となった。


明日の早朝に高速バスで大阪に向かうのではなくて、もう今日のうちに行ってしまおうと思った。メンバーにそっと別れを告げて旅立った。


大阪に無事到着できたのはいいものの。


大急ぎで宿を楽天で予約。
キーワードは「安い、なんばから近い、口コミ良い、女性専用」で検索。一部屋のみ余っていたゲストハウスに決定した。


受付の可愛い女の子に大阪っぽいものを食べられるお店を紹介してもらい、近くのお好み焼き屋さんにいざ出陣。


満腹で帰宅すると、受付スタッフの女の子からリビングでの談笑に誘ってもらい、参加してみた。


オランダから来た20歳の少年のような男の子も途中から混じっておしゃべり。


昨日のお遍路宿ではフランスからのお遍路通の人としゃべり、英語に触れ過ぎて若干疲労。


これまでの1番の印象は、75才尼さんでお遍路先達さんから聞いた波乱万丈の人生と、ゲストハウスで出会った50歳のおじさんの、仕事を捨てて3年間は何も考えない旅に出てる話を聞いたこと。


人の人生、ひとりひとりが奥深い〜。



明日はいよいよ高野山