セシリアの日常

人生つねに迷い道それが面白い

6月13日(火)①ローマの修道院

午前11時、AくんとAvezzanoのお別れ。


Aくんファミリーとそれぞれハグを交わし、切なくなりつつ電車に乗る。


3日間、無償でご馳走してくれたり一緒に出かけてくれたりと歓待してくれた。Aくんとそのファミリーには感謝してもしきれない。


美しい車窓の景色を眺めながら、そんなことをずっと考えていた。


気をとりなおしてテルミニ駅到着。


今日は夜にクリスティーナと再会するまでまた1人なので、財布を盗まれないように気を引き締める。


まず駅構内の旅行者用の荷物預かり所へ、人に聞きつつ向かう。


今日チェックイン予定の修道院は13時から16時までお休みということなので、先に1人で観光しようと思って、重いバックパックを預けたかったのだ。


荷物預かり所にたどり着くも、そこは長蛇の列。


そして、一人のスタッフの男性が何だかイライラしている様子。


あの人に当たらなければいいなぁ…と思いながら、順番待ちの番号発券機から番号の紙を受け取る。機械の操作も相当迷った。荷物のデポジットがAの列なのかBなのかCなのか…英語の説明を読んでよく考えてBを選択した。


この選択は正しかったのだが、間違えて違う番号を取得して並んでしまったアジア系女子2人などは、いつまで経っても自分たちの番号にならないので途中で気づいて例のイライラスタッフに尋ねたら、案の定「君達は番号を間違えたんだよ」と英語でぞんざいに言われ、彼はなんのフォローもせずプイッと行ってしまい彼女たちはポカーンとするのみで気の毒だった。


私も、番号は間違えなかったがモニターで点滅していた自分の番号を見逃してしまい、後から「すでに呼ばれてたみたいなんですが」と言いに行ったところ、「OK、待っていて」と言われたままずいぶん待たされ、他の旅行者の外国の方に「スタッフに尋ねた方がいいわよ」と英語で助言をもらう始末。


さらにやっと預かってもらえたと思ったらイライラスタッフにバックパックを乱暴に投げられたという…とほほ。


とにかく荷物のデポジットだけで小一時間を使って大変疲労困憊した。


しかし、この労力が全く報われなかったことを後で知ることになる。


ローマ観光をと言いつつも、今日の宿泊先である、サン・グレゴリオ・マーニョという修道院ホステルのことが気になってしまうので、コロッセオ近くの中心地ですぐに足を伸ばせるからと思って様子を見に行こうと思って向かったら…。


いやね、ほんとに素晴らしい教会ではあったのだけど…。


予想に反して13時台に受付係の人がいたので、チェックインできてしまったのだ。


とりあえずバックパックなしで中に入るけどね。。



テルミニから地下鉄チルコマッシモ駅(コロッセオ駅の隣駅)から徒歩5分、
修道院ホステルのある、サン・グレゴリオ・マーニョ教会の中の一部。

教会の入り口階段を登ってゲートをくぐるとこうなっている。ここからさらに中に入ると教会。

修道院ホステルと教会をつなぐ通路内。


教会内はあまりに神聖な空気を感じて、私にとって何故かとてもしっくりくる場所だったので、しばらく放心して椅子に座り込んだ。


だから中央の礼拝堂の写真が撮れなかった。
というか撮らなかった。
その時の感覚に集中したくて。


天井から差し込む太陽の光と、荘厳な教会内の空気が、私の疲労を回復させてくれた。


ああ…。至福。


20分くらいずっとその場にいた。


満足して、その後教会からつながっているホステルに移動した。


この清潔で簡素な感じがものすごく好きだ。


無料Wi-Fi環境が整備されており、農園B&Bではずっと使えず不便だったので狂喜する。


それで調子に乗ってベッドに倒れ込んだら壁に後頭部を打って星が飛んだ。


「イテテ…気を引き締めよう」
ということで、しばしホステルで休憩してからバックパックを取りにテルミニに戻ることにした。


ローマ観光はいつになったらできるのやら。


長くなったので②に続く。