セシリアの日常

人生つねに迷い道それが面白い

9/15箱根湯本〜三島へ(24.4キロ)

今日の箱根峠超えはキツくてキツくてキツかった。。24キロ移動したけど、石畳の山道は登りも下りももう辛いのなんの。足裏と股関節が激痛でおかしな歩き方に。

こんな石畳道ばっか。


石畳の登山道と国道を交互に歩く。
歩いて歩いて歩きまくる。


大汗でTシャツがぐっしょりになり、有名な甘酒茶屋のとなりのお手洗いで着替える。まさか着替えが必要になるとは。

お昼時なのに歩きすぎて疲れすぎて全く食欲がない。けどあたたかな甘酒はかなり疲労回復になった。


そしてようやく芦ノ湖
近くの蕎麦屋でちょっと食欲回復。


箱根峠までもうひと踏ん張り。
有名な杉並木。大木!!!


昨日のスタート地点が海抜5メートルだったのに、今日は標高846メートルまで登ってきた。骨まで染み入るような足の痛みは絶望的だが、神奈川と静岡の県またぎは感動的だった。

ここからまた石畳の下と国道のアスファルトで足がやられまくる。


しかしながら旧東海道は整備されきっておらず身体にやさしくない道が多々あるし、国道1号線は車ビュンビュンなのに歩道が超狭かったりするとこがある。ここまでの東海道…時折超こわいです。


そして結局今日は三島宿まで時間内に辿り着けずにタイムアップ。残りをバスで下ってきたけどあのまま続けてたら真っ暗な山の中で遭難していただろう…時には決めたことをやめることも大事であると学ぶ。

リタイアした場所、山中城

さようなら、山中城跡…。


あとは三島駅までバスに運んでもらう。
計算したよりもずっとまだまだ山を下らなければならなかったことが判明。

リタイアは賢明な判断であった。


ちなみにこの旅は直前で興味を持ってくれた友達に一泊二日でお供してもらった。

徒歩での箱根超えは、私ひとりの力量では到底ムリだった。暗い山道なんて通れないし。地図読めないし。苦笑 。


明日からは頑張ってひとりで静岡の街の道。箱根の山道より入り組んでない地図だからちょっと安心。。

山中城跡〜三島宿のリベンジはいつかまた機会があるときに!!