自分自身になる人生の旅〜Aguri’s diary

何も出来ない東京出身者が景色に惚れて長崎県平戸市へ移住した

新月の願いやら、人口密度の低さやら

薬局で買ったハトムギ茶が美味しい。お肌のシミと乾燥が気になったので買ってみたら大正解。

 

今日は16時20分頃に新月というじゃないですか。

新月はノートに願い事を10個書くととても叶いやすいということで、何年か前に毎月やったりやらなかったりしていたな。

5割強は叶っている気がする。

 

「目立ちたい」→前職で何回かメディアに載って注目 された。

「海外の人にかかわる仕事をしたい」→やった。

「仕事でタダで海外に行けた」→行けた。

「自分に合うパートナーが見つかった」→見つかった。

ニートを楽しみたい」→今楽しんでいる。

「夫婦でゲストハウスを運営した」→まだ。

「自分の発信が注目された」→まだ。

「お金に困らない状況になった」→困ってないけど色々やるにはまだまだ必要

パニック障害が治った」→何とか自己コントロール出来るようになったが、長島一茂さんも仰っていたが未だ突然やばい時はある。

 

こんな事を願っていたが、当時は何も出来ない自分をごまかすように内心はメラメラガツガツ(自分的に)大きな事を思い描いていたようだ。

 

今、39歳になっている私はどんな事を願いたいだろうか。

改めて考えてみる。

 

「いらない感情や思考をすべて手放して、自分自身で生きることが出来るようになりました」

「犬か猫のペットと一緒に生活しています」

平戸市の皆さんと仲良くなり楽しい地域生活を送っています」

「好きな時に地元に上京できるデュアルライフ(2拠点生活)を送っています」

「家庭菜園を始めました」

「地域の人達と一緒に楽しめる・和める居場所が出来ました」

「都会の生活で疲れたニートや元ニートの若者に滞在場所を提供・もしくは一緒に住んでいます」

「平戸に来た人や外国の人とのコミュニケーションを楽しみ、観光ガイドの知識がつきました」

「車がなくては不便な場所だけど車を運転しなくても自由に動ける環境です」

「たくさんの友達が平戸に遊びに来てくれました」

 

一貫性とか無視して、面白そうと思ったことを素直に書きました。

 

*****

 

移住して夫の仕事が始まって1週間。日中は寂しくて暇でううう(;´Д`)となることもある。私は夫みたいにひきこもるのが苦手だなと痛感。かといって寒い中外出探索もおっくうなので、とりあえずネットの中に居場所を探してます。でもマチマチ(https://machimachi.com)とか、平戸のコミュニティ情報や市民の存在がほとんどない状況で涙。

 

田舎あるあるではあるが、バスや電車は1時間に1本。平戸は島で平戸大橋で九州の陸地に渡れる。隣の市やその先のエリアまで車で働きに出ている人も多いという。市街地は海の見える風景もお城や教会が見える風景も美しく、商店街はキレイでレトロな街並みになっていて観光者はとても嬉しいと思うのだが、どのお店も人は少なく、外を歩いている人は少ない。お昼にちゃんぽんを食べに食堂に入ったら漁業の方や役所の方らしき男性たちが食事をされていた。

 

例外的に日中いつ行っても賑わっているなと思ったのが「六曜館」というレトロお洒落な喫茶店。お昼休みの働き盛り男性もいるし奥様方もいるし女学生達もいた。この人口密度になるとホッとする。夫は平戸の人口密度の低さを「静かでいい」と言っていたが、私はまだ慣れず、時々すごく寂しい気持ちに襲われる。

 

東京23区内で育ち28歳まで滞在した後、千葉県市川市の市街地(ベッドタウン)で11年過ごした。いつもどこでも人がいっぱいいた。時には人疲れして「人もう嫌だ」と思った。自分がこれほどに人がたくさんいることの恩恵に預かっていたということは、田舎に移住してくるまでまったく気がつかなかった。人々にごめんなさいとありがとうを言いたい。

 

人が少ないということは地域生活において助け合いが必要になる。その為か、役所の人もお店の人もどの人も親切にしてくれる。とてもとてもありがたい。道を歩く時は少し寂しいけれど、寂しいからこそ触れ合えばあたたかくなれる。田舎の良さ。それは寂しい感情が気づかせてくれた、私の希望だ。寒さがマシな時にはやっぱり外を歩こうと思う。

 

ただし人との関係の距離感は都市部にいた時との違いを大きくしすぎてストレスを溜めないように気をつけたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持参した服をさらに減らす

お試し移住の戸建住宅は3LDKと2人暮らしには広すぎ、家具家電も最低限しか置いていないので、ガランガランな空間の中で生活している。

 

1ヶ月で出てしまうので、ダンボールから棚にモノを移動させるのはおっくうだし。

なのでダンボールから必要なものだけを取り出している。

 

今日で丸2週間生活。いまだダンボールから出していないモノはたくさんある。

 

特に衣服は必要なのってこれだけで良かったんだと再確認。

逆にこれは必要だから買おうというものも見えた。

 

旅行ではなくて普通に暮らしていて使用した衣服と靴を書いていく。

フォーマルな場面もあったのでそこで使用したものもある。

 

✩2週間で使用した(必要とした)衣服と靴(下着・レギンス・靴下・小物を覘く)

・白ロンT

・白カットソー

・ブルーヒートテック

・チェックシャツ

・柄ブラウス

・ボーダーカットソー→くたくたの為処分予定

・ピンクオレンジニット薄手セーター

・イエロートレーナー

・黒ニットカーディガン

トップス計10点

 

・ブルーウィンドブレーカー

・赤フリースジャンパー

・Gジャン

・ブルーハーフダッフルコート

アウター計4点

 

 

・長袖チェックシャツワンピース

・デニムワイドパンツ

・ネイビー綿パンツ

・ネイビーニットパンツ

・ナイロンハーフパンツ

ワンピースを含むボトムス計5点

 

・パジャマ上下

・半袖白T

・半袖白T

 

衣服は合計22点だった。

 

・トレッキングシューズ

・レザーショートブーツ

・サンダル

靴は3つ

 

★これから必要になる(買う必要がある)衣服

・パジャマにはおる寒さ避けのフリースかパーカー

 

★★今ダンボールにある冬物衣服

・柄ブラウス

・黒極暖ヒートテック

・厚手ニットセーター

・白綿カーディガン

トップス4点

 

・チャコールグレーウィンドブレーカー

・ベージュ薄手コート

・ダウンロングコート

アウター3点

 

・ブルーグリーン薄手ロングスカート

・デニムスカート

・グレー綿裏起毛パンツ(予備パジャマ)

ボトムス3点

 

・スーツ上下

合計10点

 

この中でさらに何を処分できるか考える。

なぜなら本移住先の住宅は2Kで狭いから。

 

・柄ブラウス→着ていてあまりときめかず→処分

・黒極暖ヒートテック→真冬に重宝→必要

・厚手ニットセーター→真冬に来たい→必要

・白綿カーディガン→着ていてあまりときめかず→処分

トップス4点→2点へ。

 

・チャコールグレーウィンドブレーカー→フードが付いておらず機能性低め→処分

・ベージュ薄手コート→田舎暮らしに不向き→処分

・ダウンロングコート→真冬に備えたい→必要

アウター3点→1点へ。

 

・ブルーグリーン薄手ロングスカート→クリーニング仕様で簡単に洗えない→処分

・デニムスカート→オールシーズン使える→必要

・グレー綿裏起毛パンツ(予備パジャマ)→真冬に備えたい→必要

ボトムス3点→2点へ

 

・スーツ上下→必要時にブラウスと靴を買い足して使用→必要

合計10点→6点へ

 

 

つまり、私の所持しているワードローブは

・トップス12点→ボーダー捨てたら11点

・アウター5点

・ボトムス7点

合計23点でした。

寝巻きフリース買ったら24点か。

 

 

これから売り先・差し上げ先の開拓が必要だな~。

 

 

お試し移住から本移住へ

今回12月下旬まで1ヶ月間借りている平戸市のお試し移住。

そして本移住する為物件を決めた話。

 

ところで「お試し移住」って?

 

移住先を検討している移住希望者に、移住者を募りたい自治体が一定期間住まいを提供するプログラム。

 

家賃は無料から1日500円とか2000円とか、自治体によってまちまち。

けっこう幅がある…。人気のある地域は高いのだと想像。

 

平戸市は最長1ヶ月家賃無料でかかるのは光熱費のみ。

家具家電もばっちり付いているので最低限の荷物で居住が可能。

 

借りるのに審査などはなく、空きがあれば仮予約して押さえて、その後申請書を出せばOK。

 

ただしその住宅では地域住民と同じように「暮らし」を体験すること。

 

ここまで家賃が安いとどうしても違う目的で使用しようとする輩が出てきてしまうかもしれないけれど…例えば移住する気はないが当面をしのぐ為に家賃無料のお試し住宅をはしごするとか…移住ではなく長期旅行の為に使用するとか…自治体側にブラックリストとかあるのかな?

 

本気で移住したいと考える人の為にも移住者を増やして地域を活性化したいと考えるその地域の為にも、ちゃんと使用されて長続きして欲しいプログラムだ。

 

 

さて、たぶんまっとうな使われ方は元の家はそのままで移住体験してそこに本当に移住したいのか検討するのだと思うけど、私たちは家賃がもったいないから千葉県の家を引き払ってきてしまった。(事前に1週間長崎県を周遊して「平戸に来よう」と決めた)

 

なので下旬までに本居住地を見つけないと路頭に迷ってしまうことに。

 

焦りに焦って不動産屋をあたること1週間。

地方の割には土地が高いと言われる平戸市

前の記事にも書いたが2DKアパートの家賃は5万円台~が多い。

想像していた地方の家賃と全然違う。これでは千葉とわずかしか変わらない。

どの物件を内覧しても高くて広すぎる。(部屋が4つとかも)

安いと思ったら汲み取り和式トイレだとか、風呂が異様に狭いとか…。

 

3日くらい探して突破口が見つからず半ば諦め気味になりながら、

盲点だったお試し住宅から一番近い不動産屋に入ってみたら、

おしゃべりですごく人のよさそうでユニークな雰囲気の社長が出てきて

「私は不動産のことだけでなく地域の水先案内人になりたいと思いますので

うちの物件に決まらなくてもお気軽にお声がけください」と言ってくれて

「この人いいな」と思った。

 

物件情報を紙でもらわずそのまま2件内覧に行ったら2件目がまさかのヒット。

平屋で2Kとコンパクト物件。キッチンは狭めだけれど工夫の余地あり。清潔感のある外観と内装。日当たりよし。景色よし。汲み取りだけれど洋式トイレ。ちょっとした庭付き。倉庫付き。車庫付き。駐車場付き。

元々は4万円の物件が、いきなり大家さんが3万円に下げてくれた。

1年くらい人が住んでいなかったことも下げてくれてくれた理由かもしれない。

社長が近くに住む大家さんと話した後私たちのところに来て「ラッキーですよ。家賃が下がりました」と教えてくれた。

 

駐車場付きで3万円のキレイな物件は想定外だったので、ほぼ即決に至った。

猫はNGだったけど夫が好きな金魚はOKだからそこは妥協。

すぐ近くの野原で猫はいたし、そこで遊ぶことにする。

 

ちなみに夫の仕事が市役所ということで審査はほぼないも同然だった。

市役所といっても非常勤で給料ばり低いのに、地方的には役所勤めというプレミア感は凄いらしい。

 

こうして約1週間にわたる不動産探しの旅は無事終了となった。

2週間後には晴れて平戸市民になることが出来るのがとても嬉しい。

 

 

 

 

 

身軽に移住~物件探し

千葉県市川市から長崎県平戸市への移住で必要なものは

夫婦でダンボール7つだった。まあまあ身軽にしたつもりです。

 

①私の衣類

②私の雑貨類

③食器・頂いた結婚祝品等

④夫の衣類1

⑤夫の衣類(夫婦のタオル含)2

⑥夫の雑貨類

⑦布団

 

家具・家電・調理器具・調味料・掃除用具は友人やNPOに寄付。

母から譲ってもらったブランドのお財布やバッグは大切に使ってくれそうな友人に。

私の衣類や食器の多数は四国でお遍路さんの簡易宿泊宿を営む友人に送った。

亡くなったおばあちゃんの形見(茶道具)はとりあえず実家に送った。

写真は2~3枚を残してすべてデータ化。

本は3~4冊を残してブックオフ

 

たくさん捨てた・・・。

2人で1年間暮らしたアパートには大変お世話になりました。

 

さて平戸市のお試し移住住宅に向かう為、

早朝フライトの前日にネットカフェ入り。

その時の荷物は夫リュック1つ、私リュックと手提げ。

 

長崎空港からまず夫の実家(島原市)に行って車を借りた。

次の日、平戸まで2時間半のドライブ。

 

ようやく平戸の市街地での生活が開始となった。

レトロな町並み。(人いない・・・)

お試し住宅の雰囲気も中庭とか清潔感が私的に〇。(洗濯物がお見苦しい)

f:id:aguricolf:20181126164432j:image

ただ水道管のサビによる水道水のサビ臭さだけが気になる・・・。

そこは徒歩30秒先のマツキヨの無料水を汲みに行くことで何とか解消。

 

お試し期間は1ヶ月。その間に本拠地を探さねば。

気持ちは焦る。

 

平戸入りして今日で5日目。

秋はお祭りシーズンのようで、「生月・勇魚まつり」とか「平戸瀬戸市場・秋の収穫祭」などに行ってみる傍ら、不動産屋に飛び込んで情報を入手したり。

 

平戸市かお隣の松浦市で物件を探しているのだが(夫の職場が松浦市の為)、

不動産屋さんを介すとここら辺は2DKで5万円~とのこと。

想像していた地方の相場と違ってちと高い・・・もう一声。

大家さんと直接交渉できればもう一声が可能だと移住者の先輩が教えてくれた。

しかし大家さんを探す方法が難しい。

運と縁とタイミングを信じることにする。

 

戸建で猫と住めますように!!!

 

 

 

 

 

 

人生は面白い~2016年秋からの流れ~

2018年は怒涛の日々。

 

思えば2016年の秋からそれは始まった。

 

37歳独身女。NPO職員(=低収入)。将来をまったく描けない。

藁をもすがる思いで始めたネット婚活も一年続けたが全くうまくいかない。

気が付けば、お菓子を作るために生地をかき回しながら頬にはツーと一筋の涙が…。

 

すべてが嫌になって9月に2週間のお休みをもらい、

やったことのない何かをやろうと思った。

運動やアウトドアが超苦手だけど、「お寺めぐりが好き。そうだ、東海道を歩き通したい…」。

 

実はその年の春から東海道区間を区切りながら歩いてはいた。

日本橋~品川~家、品川~川崎~家、みたいな感じで平塚まで歩いてきた。

 

平塚から先はいちいち家に帰っていたら交通費がかさむぞ、ということで

一人で泊まりがけで2週間でどのくらい歩き通せるか、

大学生がやるみたいなことを37歳にして始めて試みることにした。

 

しかし箱根の旧道を一人で…というのは経験がない私にとっては流石にヤバそうと思い、箱根の日の一泊だけ一緒に来てくれそうな人を男女問わずに探した。

(そこも甘えないで一人で歩く女性も大勢いるんでしょうけれども)

 

そこで、アウトドアが好きで、平日休めて、一緒に歩いて疲れなそうな4歳年下の知り合い男子に声をかけたところ、「いいですよ」と快諾してもらった。それが、今の夫になった。

 

いや人生は面白い。

 

夫に対し好意はとてもあるけれど恋愛感情らしき気持ちは実はずっとそんなに持っておらず、「こんなんでいいのかな」と迷いながら結婚したというのが実情ではあるけれど。

 

夫も私に夢中とかそういうのもなく常に淡々としているような人で結婚に興味もなかったのに、一年経って39歳の私を貰ってくれることになった。

 

お互い自然でいられるというのがポイントなのだと思う。

 

それと、

夫の名前と父親の名前が一緒。(私はひねくれたファザコンを自称)

お互いの母親の名前が一緒。

尊敬する縁ある人の誕生日と干支が夫と一緒。

 

こんな偶然もあって、こりゃあ深い縁のある人だなとお互い思ったのかも。

 

さて箱根を楽しく歩き、続きは一人で黙々と歩いた東海道は目標だった京都には全然たどり着けずに途中で休みが終わり断念したのだが(経緯は過去記事に)、その後夫と2人で遊ぶようになり、夫の家に転がり込んだが単身住居の為、引越して同棲を始めた。

 

擬似家族を体験出来て、夫も「まあいいか」と思ったのか、年明けに妊娠が発覚。

残念ながらその子は流産してしまったけれど、それがきっかけで結婚を決断してくれた。

 

「生活するならいずれは田舎で」と田舎出身の夫は思っていたらしい。

私は東京出身だけど地方都市での生活にずっと憧れを抱いていた。

 

義父の重い病気が発覚したのもあり、夫の出身県に移住しようということになった。

ただ一人息子に対する義母の愛が深すぎる為、義実家からは距離を離そうという気持ちは2人で一致。

 

今年10月には夫婦で無職になり、そのままフィリピンのボホール島へ新婚旅行、長崎に仕事探しの一週間周遊旅に出た。その旅で夫はひとまず12月からの仕事をゲット(もちろん低収入)。

 

11月の今は平戸市のお試し移住住宅に借り暮らししている。

お試し居住の期限は1ヶ月。その間に本居住地を探さねばならない。

 

平戸は食べものがとにかく美味しくてどのお店に行ってもハズレがない。

市街地がコンパクトで田舎なのに車がなくても生活できる。

車で数十分走るとそこは絶景が広がっている。

 

しかしながら人生がこんなに動いた時って2016年までほんとになかった。

こんなことってあるの、という感じだ。

もうすぐ40歳、心身は疲れているけれど、せっかくなので出来るだけエキサイトしたい。

 

 

今日は家を探す為にネットを見まくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

一年以上放置した。

ブログを続けるのはとても難しい。

アプリから画像を投稿してパソコンから見ると画像がどでかくて、パソコンからサイズを調整しようとしたけどめんどくさってなってしまった。

それから相談員の仕事内容は公にしにくかった。書くことひねり出す時間より仕事や職場の人間関係の大変さに悩むようになった。

仕事に揉まれるうちに2018年になった。

流産を経験し…。
5月に仕事を辞めた。
7月にパートナーと結婚した。

そして10月にフィリピンへ新婚旅行へ行った。更に関東から九州への地方移住が決まった。

出来事が怒涛のように押し寄せている2018年。ここまでブログにしていなかったのが悔やまれる。

しかし。

11月下旬から地方移住生活になるのを機に、またチョボチョボと再開していきたいと思う所存。

読んでいただける方ありがとうございます。

仕事決まった〜理想の働き方

徳島高野山の旅から戻ったら、面接した職場から合格の知らせが入った。やったー!


今回もまた人を支援する相談業務。相手はニートひきこもりの若者と親から、女性全般と方向性が変わった。主には配偶者のDV相談とのこと。


週4日勤務で月収は十数万円。少し足りないので、時々バイトもする予定。


同棲してて、住居と食費が安く済むのでこれで細々かつやりたいことはちゃんとやっていける計算。


週5でなく時間に多少ゆとりがある分、公民館の英語教室に毎週通ったり、栄養を考えたお弁当を作ったりする予定。


新しい職場にドキワク!!!